[本]50歳を超えても30代に見える生き方 / 南雲吉則

アンチエイジングに興味があるなら、

ちょこちょこ「おぉ!そうなのか!」という記述があっていいです。

 

寿命について医学的に詳しく書かれているのがおもしろい。

ただ、そういうのに興味がないと、前半はつまらないかもしれない本です。

 

独身だと男性だと8年、女性だと4年、寿命が縮むらしい。

長生きするつもりなので、そろそろ独身を卒業しないと(笑)

 

長生きといっても、医学がどれだけ進歩したとしても人間は最大120歳くらいが限界らしい。

それについても説明されています。

 

食事は「完全栄養」をとることを心がけるとよいようです。

簡単にいうと「丸ごと食べる」ということです。

小魚は頭から全部食べられるし、お米なら玄米、野菜は皮なども全部。

 

著者はみかんは皮ごと食べるそうです。

みかんの皮は漢方薬で陳皮といわれるし、全部たべるのが「完全栄養」だからだそうです。

 

日本国内の農産物は農薬は少なめですが、

外国産のフルーツなどは農薬の量がものすごいので、皮ごとはやめたほうがよいものが多いみたい。

 

激しいスポーツは心拍数が上がりすぎるので健康によくないとか、

カルシウムの吸収をよくするビタミンDは、太陽を浴びるといいと言われるが、

実際には指先を10分あてるだけで十分だとか、

いろんな知識がたくさんあって、健康マニアな私にはかなり楽しい本です。

 

著者はごぼう茶の本を出したりしていて、ごぼうの皮の栄養(サポニン、イヌリン)について

ものすごくすすめているので、初めてごぼうを買って食べました。

 

2012-04-13 20.37.48.jpg

 

皮ごと食べるので、少し割高でしたが有機のを買ってみました。

最初はきんぴらごぼう+豚肉にしようと思っていたけど、

作りながらいろいろプラスして、こんな料理になりました(笑)

水につけるとサポニンなどが流れるということで、ささがきにして

そのまま料理したけど、けっこうおいしいので今後はごぼうをもっと使おうと思いました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です