[本]あたらしい あたりまえ。 / 松浦弥太郎

松浦弥太郎さんの本「あたらしい あたりまえ」が読み終わりました。

サブタイトルは「暮らしのなかの工夫と発見ノート」です。

 

この「あたらしい あたりまえ。」では、「明日」「今日」「昨日」「毎日」と、

時をあらわすキーワードが入った章の名前になっています。

第1章は「明日を楽しみに。」といった感じです。

 

 

4ページ前後の話がいくつも入っているので、

ちょっとしたすきま時間にでも読んだり、読み返したりできるようになっています。

 

  「いつも自分らしくいるために、毎日を少しずつ変えてみよう」

 

これはいい言葉だな〜と思いました。

今日の「自分らしさ」とは少し変わった明日も「自分らしい」ということですね。

 

  「今日のおにぎり」は?

 

というタイトルの話がすごくよかったです。寝る前に思い出したい話です。

「今日一日の中で、大切なこと」・・・おにぎりの「真ん中」があれば、

「ああ、とてもいい日だった。」となります。

 

あなたの「今日のおにぎり」には、何が入っていましたか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です