[本]「コンビニ食・外食」で健康になる方法 / 浅野まみこ

2013 02 19 23 41 14

 

最近は外食も増えたし、コンビニもよく行くので、この本を買いました。

 

「まえがき」を読んで、「これはよさそう!」と思いました。

 

それは、著者で管理栄養士の浅野まみこさんが、

 「ラーメンや焼肉、アルコールやお菓子も大好き」

だということ。

「好きなものも食べるけど、他で調整する」という私と同じ考えなことです。

 

本は3章でまとまっていて、

1章が「食事の基本」、2章が「コンビニ食」、3章が「外食」です。

(私が勝手に短くしています)

 

2章はコンビニだけでなく、スーパーもうまく使おうというところがいい。

本全体で、外食・中食についてのポイントを紹介しながら、自炊のヒントにもなる。

そんな感じで本には健康になるための「食べ方のコツ」がちりばめられています。

 

コンビニはもちろんですが、外食が、よくあるお店ばかりなので、

すぐに実践できそうな内容が多いです。

 

リンガーハットの「野菜たっぷりちゃんぽん」も食べたくなったし、

日高屋の「野菜たっぷりタンメン」を「麺少なめ」で食べないと、と思いました。

サブウェイも久しぶりにいいなぁ。

 

それにしても、

コンビニおにぎり1個にはたいてい1.5グラム程度の塩分が加えられている。

というのは知らなかった。けっこう多いんですね。

 

私はある程度の「コツ」はつかんでいたと思いますが、

この本には私の知らなかった「コツ」がいろいろのっていたので、

どんどん実践して自分のものにしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です