[本]仕事ができる人の「しないこと」リスト / 中島孝志

2013 06 26 21 13 31

 

最近はだいぶ「しないこと」が増えてきたとは思ってはいるけど、

ときどき本を読んだりして、その再確認と、他にないかを考えるのがいいと思っています。

そう思っているので、この本を本屋さんで見つけたらすぐに買いました。

 

  できる人は「100点」を目指さない

 

最初のテーマからさっそくいいところをついてくる内容でした。

 

ここでは「完璧主義」のデメリットが説明されています。

私も昔は完璧主義「のつもり」で何にもできない人だったのでよくわかります。

ああでもないこうでもないと、ムダに考えすぎて中途半端で終わっていたりしてたので。

 

  できる人は「やる気」を上げ下げしない

 

「スイッチが入ろうが入るまいが仕事をする」のがプロです。そう書かれていました。

もし1日中「やる気」が起きなかったら仕事をしないのか。

そういうわけにはいかないので、やるならたんたんとでも仕事しないとですね。

 

こういった「しないことリスト」が<考え方>23個、<テクニック>22個のっています。

 

まずはタイトルで「しないこと」が書かれています。

それの説明があり、ほとんどに具体的な事例があって、最後に「こうすべき」という流れ。

だいたいひとつ4ページなので、ランチタイムに時間を決めて読むのにちょうどよかったです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です