[本]暮らし上手な自分に変わる40の習慣 / 金子由紀子

2013 04 19 21 15 35

 

「暮らし上手」になりたいとは思いますが、何をどうすればいいのかよくわからないし、

日々の生活に追われていると「暮らし上手」になりたいということさえ忘れてしまっています。

 

よく本屋さんに行くのは、そういう「忘れてしまっている」ことを思い出す効果もあるからです。

今回は、この「暮らし上手」になりたいということを思い出したのででした。

 

「はじめに」を立ち読みしてしたところ、「習慣」について書かれていました。

著者が男性の「仕組み」などでしゃなく、女性らしく「習慣」としているのがいい。

どちらの視点も意識しておくといいので、買って読んでみました。

 

最初の「私のお買い物ルール」は、私は習慣の基本だと思うところ。

「この人のルールはどうなのかな?」「自分との違いは?」「マネできるポイントは?」

などなど、いろんな人のルールを知りたいので、読む前から楽しくなります。

 

断捨離で有名な「やましたひでこ」さんと同じようなことも書いてありますが、

金子由紀子さんならではの視点もあって参考になりました。

 

その中で「単純で丈夫なものを買う」というのがいいと思いました。

別の項目にあった「迷ったら「色・柄・飾り」のないモノを選ぶ」もいいですね。

 

他の項目で興味をひいたのは「姿勢がよくて困ることは一つもない」です。

「そういえばそうだな」と納得しました。

パソコンを使っている時間が長いですが、ときどき姿勢を気にすることにしました。

 

この本は「40の習慣」と書いてありますが、

その中に小さいことはいくつも書かれているので、何か参考になることがあると思います。

 

Amazonでは「なか見!検索」ができる本なので、「はじめに」や目次などが読めます。

目次をながめるだけでも何か発見があるかもしれないので、目を通してみるといいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です