[本]お金はいつも正しい / 堀江貴文

新書の時から気になっていましたが、文庫化を待ってよかった。

半額以下なのに、刑務所にいる堀江貴文さんの話も追加されているのですぐ買いました。

 

この本は、章ごとの最初に4ページのマンガが入っているので話に入りやすい。

そのあとも、読みやすくてわかりやすい文章だと感じました。

もちろん、内容も期待通りでした。

 

  日本人は「お金」という言葉に対して過剰反応し過ぎています。

 

という「まえがき」の最初の文章はホントにそうだと思いました。

 

  お金とは信用そのものである

 

このことを軸にして、いくつかのコトについて説明してあります。

 

お金について「理解していない」人が、理解するための知識として、

この本に書いてあるようなことを、みんなが目を通しておくといいかなと思いました。

 

もちろん、内容ごとに「賛成意見」「反対意見」があるかと思いますが、

少なくとも「お金についてちゃんと考える」きっかけにはなると思います。

 

私はお金について考えるのが好きなので、こういう本が好きで読みますが、

今までお金についてあまり考えてこなかった人たちにこそ読んでもらいたいと思います。

 

スポンサーリンク

[本]お金はいつも正しい / 堀江貴文” に対して1件のコメントがあります。

  1. みなちゃん より:

    こんな本でてたんだね。知らなかったよ。
    Amazonの評価も高いし、面白そうだね(^_−)−☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です