[本]美味しい方程式 / 野崎洋光

「美味しい方程式」は、奈良巧さんに教えてもらった本で、

「分とく山」という和食のお店の野崎洋光さんが書かれた本です。

 

「料理は素材を食べるもの。調味料を食べるものではありません。」

 

と書かれているように、素材をおいしく味わうためのレシピがあります。

それだけでは、ただのレシピ本となってしまいますが、この本はそうではありません。

 

まず、出汁のとり方の説明からはじまります。

この本でいう出汁は、昆布とかつお節を使ったものです。

 

2012-05-04 15.22.33.jpg

 

さっそくこの本の通りに出汁をとってみたところ、

出汁だけでもおいしくてびっくりしました!

 

今までお手軽な「だしの素」を使っていました。

しかも、よくわかっていないので、量もテキトウでした。

 

この本では、この出汁をベースに薄口醤油とみりんを加えた、

 「八・一出汁」(出汁:薄口醤油:みりん=8:1:1)

というものがでてきます。

 

これを作ってホウレン草のおひたしを作ってみたら、これまたおいしい。

初めて薄口醤油を買ってみてよかったと思いました。

 

この本では、こういった「割合」を「方程式」としていくつも紹介してあります。

 

2012-05-04 16.37.36.jpg

 

明日は友達とBBQに行くことになっています。

BBQでは火をおこしたりする準備の間は何も食べられないと思い、

何か持って行こうと、出汁を取って煮物を作ってみました。

がんもどきと人参と鶏肉を「八・一出汁」で煮ただけです。

 

2012-05-04 16.48.59.jpg

 

味見を兼ねて、残り汁に出汁をプラスしてうどんにしました。

出汁のうまみがあって、薄味でもおいしかったです。

 

この本は文章もよいですが、白地に黒い字と写真の見せ方が写真集のようです。

写真の配置や、大きい字と小さい字の組み合わせ、

こういうところにもバランス(方程式?)が感じられます。

 

簡単なレシピから料理屋クラスの難しいものまでありますが、

出汁のとり方を覚えて、いくつかのレシピが作れればよいような気がします。

あとは、写真集として飾っておきましょう(笑)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です