[本]なぜ「粗食」が体にいいのか / 幕内秀夫+帯津良一

この本も丸元淑生さんのような「基本」を主張するいい本でした。

 

管理栄養士で食事指導などを行なっている幕内秀夫さんがほとんど書いていて、

外科医でホリスティック医学を実践している帯津良一さんが最後の章だけ書いています。

 

ホリスティック医学など聞きなれない言葉がいくつか出てきますが、

よくわからないので、そのへんは気にしなくていいです。

 

幕内秀夫さんの言う「基本」は「ごはんをしっかり食べる」です。

 

玄米は続かないので、白米と同様に炊ける五分づき米がお手軽でおすすめ。

それもダメなら白米でもいいし、コンビニで売ってるごはんでもオッケー。

 

ごはんをしっかり食べていれば、他のものはあまり食べられないはず。

有機でなくても他の食べ物に比べれば、ごはんを食べているほうが、

農薬や添加物はかなり少ないと書かれています。

 

あーなるほどね。と思いました。

私も「なるべくごはん食べた方がいい」と思っているほうなのでこの説明はうれしい。

 

私たちの食事というのは、生きるための食事と楽しむための食事があるわけです。

 

これをしっかり本で書いてくれる人はいないと思います。

これだけでも「この人わかってる」と思ってしまいます(^_^;)

 

「厳しい食事療法」は結局、「ただの偏食」なのです!

 

「健康にいい」系の本が好きでよく読む私としてはかなり共感できます。

特に単一食材ダイエット系なんて、考えてみればあたりまえかもしれません。

 

つくる人が心を込めて、おいしいものをつくろうと思っていると、その人のポテンシャルが入ります。だから、おいしいものをつくろうとして努力してくれた料理というのは、素材は体に悪くても、食べていいのではないかという感じがします。

 

ホントそう思います。

ということで今日もゆたか食堂で揚げ物を食べてきました(笑)

 

他にもいろいろ書いてありますが、考えすぎるのもよくないので、

まずは「ごはんをしっかり食べる」だけおさえておけばいいと思います。

 

余裕がでてきたら、信頼のできる人の本を読めばいいと思います。

私は自分で取捨選択するのでいろんな本を読みますが、影響を受けやすい方には、

「◯◯ダイエット」「◯◯式健康法」のようなタイトルの本はおすすめしません。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です