カラくない「カラムーチョ」辛くないのになぜおいしい!

2014 09 20 14 58 31

 

コンビニで新商品をチェックしていたら、変わった「カラムーチョ」が並んでいました。

あれ?カラムーチョなのに「カラくない」とはどういうこと?と思って買ってみました。

 

2014 09 20 14 58 56

 

裏の説明を読むと、1984年に湖池屋から発売された「カラムーチョ」30周年の特別商品でした。

正式名称は「カラくないカラムーチョチップス ノットチリ味」のようです。

原材料名を見ても色付けの「パプリカ色素」はあるけど「唐辛子」は入っていません。

 

2014 09 20 15 01 38

 

カラムーチョには「スティック」と「チップス」がありますが、「チップス」と見ためは同じ。

しっかり比較はしていませんが、じゃっかん赤みが少ないかもしれません。

 

食べてみると、当たり前ですが食感は今までのものと同じ。

じゃがいものチップスなんだ〜というシンプルな味のあと、オニオンとガーリックの味がやってきます。

もちろん辛さはまったくありません。

 

表紙のキャッチコピーに「カラくないになぜおいしい!」とあるのが、まさにそう!と思いました。

味が濃いわけでも薄いわけでもなくて、ポテチとしてのベースの味がけっこうおいしい。

カラムーチョを食べても辛くてよくわからなかったですが、実はベースの味がおいしかったんですね。

 

カラくないカラムーチョ ノットチリ味 | ぱくログ|株式会社湖池屋
公式ページ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です