「いつもの」

今日も「いつもの」ゆたか食堂で夕食を食べました。

他にお客さんがいないのに「いつもの」はしっこの席で食べました。

 

この「いつもの」には、安定感と安心感があります。

 

すべてのことについて「いつもの」がいいのか?

これからもずっと「いつもの」がいいのか?

 

これについてどう考え、どう行動するかで、未来はけっこう変わってくると思います。

もちろん、考えないという選択肢もあります。

 

いま、松浦弥太郎さんの「あたらしい あたりまえ」という本を読んでいるところです。

この「あたりまえ」も「いつもの」と同じようなことを言っています。

それを「あたらしい」ものにするヒントがのっている本です。

 

私はこの本からヒントをもらい、そのままとしておく「いつもの」と、

バージョンアップしていく「いつもの」について考えようと思っています。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です