濃い塩水だとお腹がゆるくなる

昨日からノド風邪になったみたいです。

おととしも、去年もこんな感じのノド風邪が約1ヶ月も続きました。

病院で薬をもらっても、トローチやのど飴をなめまくってもダメなのでした。

 

今日は塩にお湯を入れて冷ましたものを作って、ちょこちょこ飲んでいました。

うがいも同様のものでやっていたら、けっこうノドがいい調子。

 

塩水がなくなったので、また作って飲んでいたらおなかが痛くなってトイレへ。

おなかがゆるくなったけど、変なものは食べた記憶がない。

 

ネットで調べてみたら、体液より塩分が濃い塩水はその可能性があるらしい。

 

基本的には、水はそのまま大腸まで行って吸収される。(塩水も同じ)

体液より濃い場合は、それを薄めようと体内から水分が入ってくる。(浸透圧)

塩分が濃ければ濃いほど大量に水分が入ってくるので、おなかがゆるくなる。

 

自分なりにまとめると、こういうこと。

塩の量が毎回テキトーだったので、あとで作った塩水が濃かったらしい。

 

熱中症対策で話題になった、体内濃度と同じ経口補水液というのを思い出した。

塩分だけじゃなくて糖質も入っているけど、ドラッグストアでチェックしてみよう。

ちょっと高いけど、これでノド風邪が治るならすごく安いはず。効くといいなぁ。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です