[池袋]寝かせ玄米おむすび「いろは」テイクアウト

2014 10 05 15 55 29

 

WACCA池袋が2014年9月19日にオープン。寝かせ玄米おむすび「いろは」も同時にオープンしました。

他のお店はワッカ池袋の中に入口がありますが、いろはは外側に入口があるので注意です。

 

「寝かせ玄米」は、いま雑誌などで紹介されてブームになっています。

玄米を炊いたあと、3日間以上、毎日かきまぜて保温熟成させたもの。

もっちもちの食感と豊かな風味で普通の玄米がダメな人でもおいしく食べられるというものです。

 

2014 10 05 17 55 49

 

  塩むすび(160円/右下)

  大間とろろ昆布(240円/右上)

  おはぎ(ごま)(160円/左上)

  おばんざい(海鮮)(150円/左下)

 

今回はこの4つをテイクアウトしてみました。

 

2014 10 05 17 56 30

 

「塩むすび」は寝かせ玄米のベース。小豆も入っています。注文すると海苔がまかれます。

もち米の赤飯みたいなモチモチ感でつぶがしっかりしていて風味もよくてうまい。

ぎゅっとつまっている感じで重量があるため、ひとつでも満足感が高いです。

 

「大間とろろ昆布」はとろろ昆布がかなりたっぷり。

酸味を感じないのでお酢を使わないタイプのとろろ昆布なのかな。すっぱいのが苦手なのでうれしい。

とろろ昆布と寝かせ玄米なのでモチモチでトロトロ、両方の風味が一体となっておいしい。

 

とろろ昆布がたっぷりすぎて食べにくいので、半分はお味噌汁に入れて食べてみました。

とろろ昆布が味噌汁に溶け、トロッとしたお味噌汁になって、これまたおいしかったです。

 

「おはぎ(ごま)」は単なるゴマだけでないのがすばらしい。

他店では、もち米のまわりにごまを付けただけのタイプが多いのですが、

いろはのごまのおはぎは、あんこのおはぎの全体にごまをまぶしたタイプ。

私の実家は中にあんこをとじこめてまわりにごまをまぶしたタイプなので、それに近くてうまいです。

もちろん中身は寝かせ玄米。もち米ではないのにモチモチなのでおいしいです。

 

2014 10 05 17 57 24

 

「おばんざい(海鮮)」は写真のとおり品数豊富。

鮭、海老、イカ、と海鮮が充実していて、食感のいいレンコンがたっぷり。ほうれん草も。

だしの効いたシンプルなしょうゆ味。このクオリティで150円は安い。

 

これだけ食べてすごい満腹すぎだったので、次に食べるならもう少し減らしてもいいかな。

次はイートインで「塩むすび+おばんざい+具沢山お味噌汁」という組み合わせがよさそう。

 

寝かせ玄米おむすび いろは|池袋の新商業施設「wacca(ワッカ)」にて1号店が9月19日にオープン!
公式ページ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です