缶’s Bar

気になっていた秋葉原の缶詰バー「缶's Bar」(カンズバー)に行きました。

 

2012-10-10 18.18.43.jpg

 

まずは、お店の場所を見つけるのに苦労しました。

JR秋葉原駅の中央改札を出てつきあたりの、このパネルがわかりやすかった。

中央改札を出て左に行き、ヨドバシカメラのほうに信号を渡ってすぐ右に行くと、

左側にあります。お店はガード下になります。

 

2012-10-10 18.22.25.jpg

 

お店の外から見た感じはこうなっています。

右側の缶詰コーナーで缶詰を取り、その奥のカウンターでドリンクを注文します。

その場で会計をするキャッシュオンのシステムです。

Suicaが使えるのが便利です。

 

缶詰を開けてドリンクと一緒にトレーにのせて渡されます。

それを左のテーブルに持って行って、つまみながら飲みます。

 

カウンターではドリンク以外にも、調理してもらう料理も注文できます。

システムがわかりづらいので、最初は缶詰ひとつでドリンクを注文して、

落ち着いてから、テーブルに置いてあるメニューを見て追加するのがいいと思います。

 

2012-10-10 21.06.41.jpg

 

私は、ちょうしたのブリの照り焼きの缶詰(300円)と、

もも缶サワー(400円)にしました。

 

よさそうな缶詰は500円以上が多い中、このブリ照りは当たりでした。

置いてあるネギや大根おろしと一緒に食べたりバリエーションを楽しみました。

お酒と一緒なら、もう少ししょっぱくてもよかったかな。

 

そういう時のために、

GABANの「ペッパーソルト」「ガーリックパウダー」「七味唐辛子」、

自分でゴリゴリできる「黒こしょう」がテーブルに用意されています。

 

もも缶サワーは、思ったより甘くなかったです。

個人的には、もう少しシロップを入れてくれたほうがいいかなと思いました。

 

2012-10-10 21.17.26.jpg

 

食べかけの写真です。こんな感じの雰囲気になります。

思ったよりもテーブルと壁の間が広くて、ゆったりした感じです。

ただ、立ち飲みバーなので、イスはありません。

 

2012-10-10 21.19.14.jpg

 

せっかくなので、調理したものも食べたいと思い、

鮭缶味噌バター(500円)をカウンターで注文しました。

Suicaで支払って、木の札をもらい、テーブルで待っていたら持ってきました。

 

缶は熱々になっていますが、中身は普通に食べられる温度くらいでした。

味噌バターは予想より味が薄かったけど、けっこうおいしかったです。

最後に大根おろしを入れて飲みきりました。

 

初めて入った缶詰バーなかなか楽しかったです。

ただ、つい「この缶詰いくらくらいだっけ?」と考えてしまいますね(笑)

そういうこともあって、値段の知らないブリ照りを選んでたりします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です