[池上]次男坊「タンタンメン」(普通の担々麺とは別物)

2013 07 06 19 54 02

 

池上駅の近くの「次男坊」に「タンタンメン」を食べに行きました。

 

しばらく前に蒲田にあった「みき・ミール」が移転して復活したお店のようです。

普通のゴマを使った担々麺とは別物と聞いていましたが、食べるまでどう別物かわかりません。

 

2013 07 06 19 00 18

 

お店の前ではゴリラ(オランウータン?)がお待ちしています。

 

お店に入ると、テーブル席はなく、お店の方を中心に半円のカウンター9席のみ。

ボトルキープのお酒がたくさんあったので、普通のラーメン屋さんとは雰囲気は別物。

7人で来ましたが、先客が数人いたので、2回に分けて食べました。

 

2013 07 06 19 07 41

 

「タンタンメン」には「並辛・中辛・大辛・激辛」から辛さが選べます。

友達に聞いたら、辛くてもたいしたことなく、次の日に人に会わないなら激辛でも大丈夫らしい。

理由は、辛くすると「唐辛子」だけじゃなく「にんにく」が増えるようなので。

 

今回は「大辛」にしてみました。

 

2013 07 06 19 23 17

 

タンタンメン・大辛(700円)

 

なるほど、スープが透明だし、担々麺とはぜんぜんちがいますね。

 

2013 07 06 19 23 49

 

塩味のスープに、ひき肉と溶き卵がたっぷり。

粗びきの唐辛子、粗みじんのにんにくもたっぷりです。

 

食べてみると、たいして辛くなく、塩味のスープには深いうまみがある(鶏ガラ?)

オロチョンにも近い気がしますが、やっぱり違う。そして、かなりおいしい。

初めてですが、なつかしい感じの何度でも食べられるタンタンメンでした。

 

大辛でもたいして辛くないのは、辛味の少ない韓国産の唐辛子なのかな。

テーブルにも置いてあったので追加してみましたが、やっぱりたいして辛くない。

 

麺は、コシのほとんどない、少しもっちり系の麺でした。

個人的には、スーパーなどで売っているマルタイラーメンに少し近いと感じました。

マルタイラーメンも好きなので、この麺も私の好きなタイプでした。

 

2013 07 06 19 41 46

 

ひき肉と溶き卵は、最初の予想の3倍くらい量がありました。

それだけでもかなりの食べごたえ。

気がついたらスープも全部飲んでいました。今日は残す予定だったのに。

 

けっこう食べやすいタンタンメンですが、にんにくがすごい。

このあとゲップしたりすると、自分で「うわっ」って思うレベルです。

 

次の日の朝でもまだニオウので、人に会う予定がある時には気をつけましょう。

大辛を食べましたが、おなかを壊すことはなかったのでよかったです。

 

このタンタンメンは「元祖ニュータンタンメン本舗」のタンタンメンに近いという話もあります。

そう言われると、そっちはまだなので食べてみたくなります。

 

にんにくのすごさなら、10年前くらいに食べた川崎「萬楽」の「アホーメン」が上かな。

スペイン語でにんにくを意味する「アホー」がこれでもかというくらい入っててやばかった。

ネットを検索したところ、残念ながら1年前に閉店してしまったらしい。あれはすごかったのに。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です