[日本橋]日本橋だし場

今日のランチは「日本橋だし場」で食べました。

「だし」や「つゆ」で有名な「にんべん」のお店です。

日本橋駅から神田駅の方向に少し行った所にある「COREDO室町」の1階のお店です。

けっこう近くにある「COREDO日本橋」とは違うので注意です。

 

2012-09-25 12.09.11.jpg

 

「COREDO室町」の建物に入って「日本橋だし場」のレジの上の写真です。

この下にレジカウンターがあり、手前に小さい丸テーブルが3つあります。

イートインはこの1人か2人で立食する丸テーブルしかありません。

 

2012-09-25 12.14.32.jpg

 

下のものをレジで買って、丸テーブルで食べました。

このテーブルが3つしかないので混んでたら無理ですね。

 

  ・かつお・昆布合わせだし・・・100円

  ・ひじきふりかけめし(レギュラーサイズ)・・・180円

  ・惣菜3種盛り(金平、卯の花、ひじき煮)・・・250円

 

これで合計530円です。

ランチには350円の汁物が3種類あって、そのセットで500円のものもあります。

そのランチセットにした場合には、惣菜が半額になるのですが、

今回はひとりだし、上に書いたものが食べたかったので。

 

2012-09-25 12.15.30.jpg

 

  「かつお・昆布合わせだし」

 

「だし」本来の味がじっくり味わえます。

かつおだけでなく、昆布のほのかな甘みも感じられておいしいです。

 

ただ、単なる「だし」なので、味の濃いものになれた人たちにはもの足りないかも。

そういった場合には、「しょうゆ」と「塩」がテーブルにあるので調整できます。

 

なにげにこの「塩」がびっくりするくらいおいしかった。

ここで販売もしている「クリスマス島の塩」というものらしく、

ごはんに少しかけて食べると、丸みをおびたほんのり甘めの塩味がすごくいい。

 

  「ひじきふりかけめし」

 

ひじき煮のように煮物というわけでもなく、

さっぱり乾燥しているわけでもない、ソフトふりかけのようなひじきがかかっています。

ほどよい塩味と、ちゃんとかめるが柔らかいひじきがとてもおいしい。

 

ちょうどいい固さに炊かれたごはん自体もおいしいです。

ひじきと一緒もおいしいですが、ひじきがなくなったら、

「クリスマス島の塩」を少しかけて食べると最後までおいしく食べられます。

 

  「惣菜3種盛り(金平、卯の花、ひじき煮)」

 

「だし」や「めし」とは違って、おかずらしい味付けでごはんがすすみます。

金平、ひじき煮はそういった感じですが、卯の花はちゃんとやさしい味付けです。

 

だしを飲んだり、めしを食べたり、惣菜をつまんだりと、

ちょこちょこ食べて、ごちそうさま(^_^)

 

忘れかけていた、日本食の本来の味を思い出させてもらえました。

 

ショップ側では、本枯節などの試食をして外へ出ました。

 

 

奈良巧さんから、近くに「国分缶詰」の「ROJI」というお店があると

ツイッターで教えてもらったので、さっそく行ってみました。

「日本橋だし場」からは、日本橋方面に歩いて3分くらい。

日本橋(という橋)を渡ってすぐ右に曲がると、右にあります。

 

2012-09-25 19.33.38.jpg

 

缶詰のつまみ「缶つま」にはいろいろありましたが、

ランキング1位だった「厚切りベーコン プレーン」がおいしそうなので買いました。

 

入れて炊く、缶詰の炊き込みご飯の素「入れ炊く」からは、

「くりごはんの素」を買いました。

 

「カルピスもち」という変わったお菓子も買いました。

これはあとで食べてみました。弾力があり、ほんのり甘酸っぱくておいしいです。

 

奈良さんのおすすめをほぼそのまま買ってみました。

厚切りベーコン、くりごはんが楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です