[巣鴨]和え麺「佐藤店長」【閉店】

巣鴨と千石の間にできた「佐藤店長」という名前の「和え麺」のお店に行きました。

巣鴨駅からだと「千石自慢ラーメン」の少し先になります。

 

2012-11-01 20.20.36.jpg

 

さすがに目の前で見ると、違和感のある店名です(笑)

「和え麺」というのは「油そば」のことのようです。

 

2012-11-01 20.39.20.jpg

 

入ってすぐ右が券売機なので、入る前に店頭のメニューで決めたほうがいいです。

並と大が値段一緒で580円とリーズナブルなのがうれしい。

 

2012-11-01 20.22.00.jpg

 

せまめの立食いそば屋のような店内に入り、券売機で食券を買って渡しました。

そのまま何も受け取らずにあいている席にすわりました。

混雑している場合は番号札を渡されることもあるようです。

 

調味料はラー油、お酢、こしょうです。

個人的には箱ティッシュがあるのがうれしい。

冷水ボトルに黒ウーロン茶が入っていて隣のコップで自由に飲めます。

 

2012-11-01 20.26.14.jpg

 

黒ウーロン茶の濃さはこれくらい。

ちょっと薄いかもしれませんが、私には苦くもなくちょうどよかったです。

和え麺が来る前から食後までちょこちょこ飲んでました。

 

2012-11-01 20.22.36.jpg

 

和え麺の食べ方が書いてあるので、来る前に読んでおきました。

 

2012-11-01 20.28.44.jpg

 

和え麺の大でも普通のどんぶりサイズなので、並だと小どんぶりですね。

 

麺の上にひき肉、メンマ、きざみネギ、きざみ海苔がのっています。

ピリ辛のほうだと少し異なり、肉も刻みチャーシューらしいです。

 

2012-11-01 20.29.13.jpg

 

少しちぢれた中くらいの麺で、もちもちして和え麺にぴったりです。

 

底のほうにタレがあるので、かきまぜてから食べます。

食べ方の説明では、最初からお酢とラー油を入れていましたが、

まずはそのままの味を味わうために、入れずにまぜて食べました。

 

タレが少ないのか、だいぶマイルドだけどおいしい。

他店の油そばが味が濃いのでそう思うだけかもしれません。

 

麺の食感もよく、ひき肉と一緒に食べるのもいい感じです。

きざみネギがけっこうたくさん入っているのもうれしい。

きざみ海苔はくっついて固まりがちですが、これも合いますね。

 

ラー油を入れてまぜて食べる。

やっぱり油そばにはラー油ですね。好きなのでたくさん入れました。

 

お酢を入れてまぜて食べる。

すっぱいのは苦手ですが、ちゃんとまぜればまろやかになって大丈夫でした。

でも入れすぎたらダメっぽい。ラー油を追加してごまかしました(笑)

だいぶラー油を入れたので、黒ウーロン茶を飲んでもダメかも。

 

佐藤店長の和え麺おいしかったです。

これで580円なので、千石自慢ラーメンから流れる人もいると思います。

 

タレがちょっと少なめなので、これで「濃いめ」ができたらベストかも。

ごま好きなので「白ねぎゴマ」が量があるなら付けたいところ。

温玉が70円で付けられるので、ピリ辛に付けるのもおいしそう。
 
 
定休日は日曜日。
 
 

[巣鴨]油そば専門店「万人力」 – ぶんちゃんネットのブログ
佐藤店長は閉店しました→跡地にできたお店

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です