ちふれ美白化粧水VC

10種類以上の化粧水をためした私が、ここ5年以上使い続けているのが、

ちふれの美白化粧水のビタミンC誘導体を配合したほうです。

 

2012-08-15 22.51.51.jpg

 

これは「無香料」「無着色」「アルコールなし」で肌にやさしい。

ボトルが150mlで「945円」、詰換用も150mlで「840円」と、お財布にもやさしい。

 

しっとりなのに、意外とさっぱり感があるので、冬でも夏でも使い心地がいい。

持続性ビタミンC誘導体を配合しているので、メラニンの生成もおさえるし、

簡単な紫外線対策としても役にたっていると思います。

 

私の使い方は、シャワー後か洗顔後に、手にとって手のひらで顔を軽くおさえる感じ。

肌にだいたい入っていったら、また手にとってを3回くらいくりかえします。

顔、首まわり、手のひらから手首まで、もう入らないと思ったら終了です。

 

冬や肌状態によっては、ひじ、ひざ、など他の場所にもすいこませます。

もちろん、日差しの強いところから帰った時は、腕などにもしっかりつけます。

 

普段は、朝のシャワー後と、仕事から帰った直後の洗顔後に使っています。

 

 

化粧水は、基本的には水分補給が中心だと考えています。

そのため、直後にフタをする必要があります。

 

私の場合はフタとして、DHCのオリーブバージンオイルを使用しています。

1プッシュか1.5プッシュを手のひらで温めてから顔をおさえて付けています。

目のまわりなどは、特に水分の気化が早いので、指でしっかり付けています。

しっかりといっても、強すぎるのもよくないので、あえて薬指などで付けています。

 

 

ちふれの商品は、ドラッグストアでも扱っている店舗が少ないのが難点です。

それでも、8年くらい前に使っていた、直販のみのエフェフラスコよりは便利です。

 

最近は、池袋のヤマダ電機LABIの地下2階で扱っているのを発見したので、

ポイントで交換したりしています。

巣鴨の西友の1階にもあるので、セゾンカードで5%引きの日を狙ったりもします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です