シンクの排水口には、深いカゴではなく浅いカゴ

台所のシンクの排水口には、だいたい深めのカゴあってネットをかけて使います。

ゴミがたまるとネットを捨てて、新しいネットに取り替えます。

 

カレーなどを食べて食器を洗うと、ネットがベトベトになってきます。

それを毎週のように捨てる時に「いやだなぁ」と思っていました。

ネットを捨てても、黒いゴムみたいなものもベトベトになっているし、

カゴのほうもキレイに洗わないとベトベトでいやでした。

 

2013-01-23 19.47.43.jpg

 

そこで、最近は深めのカゴはしまって、浅めのカゴを置いています。

黒いゴムもネットも使いません。

 

料理をして野菜の皮などがたまったら、サッとゴミ箱に捨てられます。

水分をたくさん吸っていたら、ポリ袋に入れてゴミ箱に捨てます。

スプーンなどを落としても、すぐに気がつけるし、簡単にひろえます。

 

しばらく使って汚くなってきたら、さっさと捨てて新しいのに交換します。

 「洗えばもっと長く使えるのでは?」

そう思う人もいると思いますが、そこは割り切りです。

「ネットを捨てないから、それくらいいじゃないか」

そんな言い訳はしません。ゴミを増やしてます。ごめんなさい。

 

2013-01-23 19.46.50.jpg

 

この浅いカゴは100円ショップで買っています。

 

金属の取っ手が付いているタイプもありますが、

捨てる時に分別を考えなくていい、全部ポリエチレンのものを使っています。

 

たったの100円ちょっとで幸せになれるので、

自分のスタイルにあいそうだと思う方にはおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です