[五反田微学校]奈良巧「壁紙ボード撮影講座」

今日は奈良巧さんの五反田微学校「壁紙ボード撮影講座」に参加してきました。

場所は五反田コワーキングスペース「Pao」です。

 

スチレンボードという発泡スチロールに白い紙を貼ったものに、

のり付き壁紙を貼ったもの(壁紙ボード)を使って写真撮影(物撮り)する講座です。

 

 

スチレンボードにのり付き壁紙を貼る作業を実演して見せてくれました。

 

 

のり付き壁紙は実物を見ても質感けっこうすごいのに、

実際にはけっこうペラペラなので、スチレンボードに貼っても薄くて軽い。

 

 

壁紙ボードを何枚か重ねてもこれくらいしかない。

 

 

あとは壁紙ボード内におさまる構図で撮れば、インスタ映えする写真が撮れます。

 

 

イメージにあった壁紙ボードを使うのと、光と影をどうするかのライティングが重要。

講座では、ライトスタンドに傘を付け、LEDライトの光の当て方での違いを見せてくれました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生のりつき壁紙/ヴィンテージ男前ウッド SBB-8494
価格:594円(税込、送料別) (2017/11/11時点)

 

のり付き壁紙は、楽天市場にある壁紙屋本舗のものを使用したとのこと。

 

本来は自分で部屋の壁紙を貼り替える場合を想定していますが、

1m単位で買えるので、壁紙ボード作成に便利。

種類も豊富なので、ショップのページでいろいろ見てイメージするといいと思います。

 

スチレンボード(A1ノビ)は世界堂で810円+税とのことです。

両面に違うのり付き壁紙を貼れば、1枚で2種類の柄になります。

壁紙を貼らない面を残した場合は、レフ板として使用できます。

 

私は今日の実演で余ったもので壁紙ボードを作ってくれたものを頂いたので、

サイズは小さいけど、まずはそれでいろいろ撮ってみようと思ってます。

 

スポンサーリンク