書泉グランデで開催中のリアル脱出ゲーム「本屋迷宮からの脱出」が難しくて挫折しました。

 

2013 03 30 14 52 23

 

リアルゲームブックシリーズ第1弾「本屋迷宮からの脱出」が始まったので挑戦してきました。

“謎”制作のプロ集団SCRAP(スクラップ)が新たに打ち出した参加型謎解きゲームイベントです。

 

  開催場所:書泉グランデ(神保町)

  開催期間:2013/3/29〜2013/5/5(〜2013/5/12の日曜日まで延期になりました。)

  料金  :1050円(ゲームブック代)

 

2013 03 30 14 57 55

 

まずはこのゲームブックをひとつ持ってレジで普通に買います。

本を開き、遊び方や登場人物の説明を読んだあと、推理小説の世界に入ることになります。

 

本で出てきた書泉グランデの場所をしっかりと歩きまわり、謎を解き、物語を進ませます。

最初は紙が数枚なのでのんびりやっていたら、章をクリアしたら紙が追加されました。

 

こういうのが苦手は私でも、考えたり歩きまわったりすればわかりましたが、

いよいよラストとなったとき、予想以上に難しすぎてぜんぜんわからない。

 

最初から何回も読みなおしたり、マーカーしたり、メモしたり、

行った所にもう1回行ってみたりしてかなり悩んでいたらすごい時間がたってました。

 

15:00に開始して、まだ推理が完璧じゃないけど18:30に解答しました。

 

  店員「残念」

 

3時間半ばっちり楽しめましたが、残念ながら挫折しました。

 

基本的にはラストは1回しか解答できないようになっています。

もう1回解答したい場合は、解答ページを105円で買えば解答できるという仕組みです。

高くはないけどお金がかかるようにすることで、ちゃんと推理させるうまい仕組みだと思います。

 

今日のところはこれくらいでかんべんしてやろう。

今日は挫折しましたが、開催期間中にリベンジに行くと思います。

 

今日は開催2日目、しかも最初の土曜日ということもあって、

このゲームの参加者が常に100人以上はいたと思います。

階段とエレベーターホールは人がいっぱいで、いくつかあるイスは常に埋まっていました。

 

これから行く方は「ボールペン」は必須なので持って行きましょう。

ラストはいろいろ考えると思いますので、3色ボールペンがよいと思います。

私のようにまわりの会話を聞きたくないソロの方は、音楽プレーヤーを使うといいと思います。

 

速い人は2時間もかからないと思いますが、

私みたいに長時間の可能性もある方は、食事や飲み物のタイミングも考えておきましょう。

まぁ、実際には外に出れてしまうので、リアルを求めない場合は関係ないですが。

 

SCRAPのイベントということもあり、ゲームブック「ふたご島からの脱出」も中に出てきます。

 

リアルゲームブックシリーズvol.1「本屋迷宮からの脱出」  | 書泉はアイドルイベント情報、鉄道・格闘技等、バックナンバー豊富な書店です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です