JINSのブルーライトをカットするPCメガネを使ってみた

JINSでブルーライトをカットする「JINS PC」というメガネを買って使っています。

 

プログラマーはパソコンを見ている時間が長いので、

眼の疲れが軽減されることを期待して買いました。

 

ちなみに数年前にレーシックをしたので普段メガネはかけていません。

 

クリアレンズはブルーライトのカット率が低いので、

少し茶色が入ったブルーライト50%カットのものを使っています。

 

2012-07-28 16.26.16.jpg

 

パッケージは3990円から4種類ありますが、3990円のものはレンズが小さい。

3990円には大人用と子供用の2種類があります。

つまり、他の2種類は、どちらも5990円なのです。

 

パッケージは茶色レンズのみで、クリアタイプはありません。

 

他のフレームもPCメガネにできるのですが、プラス3990円もします。

しかも、ブルーライトのカット率が茶色タイプでも50%ではなく45%。

 

自宅のみ使用ならとネット限定のハッカー用も気になりましたが、

ネット限定すぎて店頭でも実物が見られないということでやめました。

 

けっきょく、5990円のうち、レンズの広いほうにしました。

フレームは私の好きな色の青にしました。

 

2012-07-28 16.28.44.jpg

 

パッケージに入っているものは、外箱を除くと、

メガネ、メガネ拭きにもなる布製のケース、説明書です。

 

メガネの鼻あて部分はフレームと一体型です。

フレームに「Air frame」と書かれているように軽量の「エア・フレーム」です。

キッチンスケールで測ったところ「21グラム」でした。

このフレームはフチが厚いので、他のフレームはもっと軽いかもしれません。

 

お待たせしました、使ってみている感想です。

普段メガネをかけない人の意見なので、マイナス意見が多いのはご了承ください。

 

1.少し茶色が入っているからか、少しくっきり見える気がする。

2.少し茶色が入っているからといって、見えにくいということはない。

3.普段メガネをかけないので、フレームがじゃま。特にフチ部分。

4.普段メガネをかけないけど、エア・フレームだからか重さは気にならない。

5.視野がレンズの部分だけにかたよってしまうため、

  メガネをかけない時より視点移動が減り、逆に疲れる可能性もある。

6.集中してパソコン画面を長時間みる作業の時は眼の疲れが少ない。

7.自宅で長時間テレビを見るときも、かけているといいような気がする。

8.紫外線カット率99%以上だけど、茶色がけっこうわかるので外で使いにくい。

 

今のところは、ブルーライトを50%カットしたメリットよりも、

普段メガネをかけない人が、メガネをかけるデメリットが多いような気がしています。

 

それを考えると、普段メガネをかけている人が、新しいメガネを買う時に、

ブルーライトのカット機能をプラスするというケースと、

普段メガネとコンタクトを使い分けていて、メガネに慣れている人が、

コンタクトに度なしのPCメガネを使うのがベストだと思います。

 

私はせっかく買ったので、もうしばらく仕事でもプライベートでも使います。

だんだんメガネに慣れてくればオッケーになりそうなので。

 

気になる方は、9月13日まで4週間使ってダメなら全額返金という

キャンペーンをやっていますので、どうせ買うならこの時期がいいと思います。

ネットでも店頭でもやっていますので、実際にさわれる店頭がおすすめです。

 

ちなみに私は池袋のヤマダ電機LABI内のJINSで、全額ヤマダのポイントで買いました。

 

もちろん、この記事もPCメガネをかけながら書きました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です