今治タオルは吸水性も肌ざわりもいい感じ

本当にいいもので、本当に使うもの、そういう持ち物を中心にしたいと考えています。

 

最近は愛媛県今治市の「今治タオル」の認定商品を使い始めました。

知っている方も多いと思いますが、世界に誇る日本のブランドです。

 

先に中国で今治が商標登録されていた等で、登録できないという問題がありましたが、

最近になってロゴマークの商標登録が認定されたようなのでよかったです。

 

2012-12-23 11.31.31.jpg

 

私が使用しているのは、この吉井タオル株式会社のフェイスタオルです。

お店で他の今治タオルとじっくり比較した結果、こちらを買いました。

 

まずはこのトレーシングペーパーのパッケージが素敵なのが選択のポイント。

自分用以外にも、プレゼントにも使う予定だったので、このパッケージはバッチリです。

そういう点では、タオルはよくてもパッケージがないものは今回はごめんなさい。

 

2012-12-23 11.33.15.jpg

 

これを選択した1番の理由は認定ロゴがタオルに付いていること。

 

今治タオルでも、認定されたものと、されていないものがあり、

認定ロゴもパッケージに付いていても、タオルに付いていないものがありました。

 

認定ロゴのあるものは、品質基準をクリアしているので、

最初の洗う前でも洗った後でも吸水性バツグンで、脱毛率も低いので長持ちします。

 

2012-12-25 19.24.06.jpg

 

気にしてじっくり比較したのは、この洗濯方法の説明文です。

 

このタオルの説明文を引用します。

 

「はじめのうちは多少色落ち毛羽落ちしますので、他のものと別に洗濯して下さい。塩素系漂白剤は使用しないで下さい。」

 

ここで私のチェックしたポイントです。

 

色落ち、毛羽落ちがするのは、はじめのうちだけ。

他のもっとふっくらしたタオルには「毛羽落ちしやすい」と説明がありました。

ふっくらしていても、長く使うので、なるべく毛羽落ちしないほうがいいと思いました。

 

他のものと別に洗濯するのは、はじめのうちだけ。

他のタオルの説明では、「はじめのうちは」という文字がないものがありました。

ひとり暮らしで、タオルだけ洗濯機をかけるのは微妙なのでそれはやめました。

 

塩素系漂白剤は使用してはいけないけど、酸素系漂白剤は使用していい。

特に使用していいとは書いてありませんが、ダメとも書いてないので、

汚れてしまったときには使用できるという安心感はだいじです。

 

もちろん、売り場にあった他の今治タオルを全種類さわって比較しました。

業務用で長持ちするものや、ドラム式洗濯機に対応したものは、

ちょっとゴワゴワ感がある気がしました。

 

総合的な評価で今回のタオルに決定しました。

 

私は最近はバスタオルの使用をやめて、お風呂のあとはフェイスタオルで身体をふきます。

何回か使っていますが、吸水性もばっちりで、肌ざわりもいい感じです。

すごいやわらかいというわけではありませんが、私の好みの「ちょうどいい」感じです。

それでいて、しっかりとした造りで、長持ちしそうな気がします。

 

今治タオルはブランドなので、もっと高いと思っていましたが、

たいして高くはないので、ウチのタオルを少しずつ切り替えたいと思っています。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です