ワットモニターで加湿器の電気料金を計測

だいぶ寒くなってきたと思ったら、湿度も低いので加湿器を稼働しています。

 

2012-12-12 22.07.41.jpg

 

ウチの加湿器は、象印の2007年製の「EE-PA25」です。

スチーム式で加湿能力250ml/hでタンク容量1リットルです。

 

すっきりキューブ型でフタを開けて水を入れると沸騰して蒸気を出します。

基本的な仕組みとしては、電気ポットとほぼ同じ感じです。

 

家電Watchにレビュー記事があったのでリンクしておきます。

http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2007/12/18/1709.html

 

2012-12-11 23.21.51.jpg

 

室温13度、湿度44%の状態で電源を入れて電気料金を測定しました。

アパート1階1Kのフローリング7帖の部屋です。

 

2時間弱くらいたつと、湿度58%になって電気料金は11円。

そのまま3時間くらいでも、ほとんど上がらず湿度60%で17円でした。

 

部屋に少しはすきまがあるので、そのための湿度キープになっている可能性はあります。

 

ちなみに洗濯1回分を部屋干しすると、ほぼ同じ感じに湿度が上がるので、

洗濯をする時は、加湿器は使いません。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です