身欠きにしんは亜鉛たっぷり

巣鴨地蔵通り商店街で最近よくお店に「築地 光和」があります。

 

今日もよったところ、気にしてチェックしだしてから初めて見つけました。

丸元淑生さんの本「システム自炊法」で気になっていた「ソフト身欠きにしん」です。

本では「生干し」と書いてありますが同じものです。

 

にしんは男性のポテンシーの維持に不可欠の亜鉛を豊富にふくんだ魚である。

その含有率は全食品中、かきに次いで第二位で、ビタミンB2やB3も多く含んでいる

 

本にそう書かれているように、亜鉛のサプリを飲まなくても、

天然の素材であるにしんを食べることで栄養が摂取できるのです。

 

身欠きにしんには、本干(=上干し)というタイプもあり、

これはお店にだいたい置いてありましたが、これは何度もゆでこぼしたり、

米のとぎ汁でゆでたりと、ものすごく手間がかかるので敬遠していたのです。

 

ソフトタイプの場合は、干したのもに油をぬって保存してあるので、

軽くゆでこぼして水洗いすることで、表面の油が取れれば料理できます。

 

お店の方に聞いたところ、

 「そのまま煮たり焼いたりしても大丈夫」

とのことだったので、お手軽です。

 

さっそく冷蔵庫で一週間は保存できるという煮付けにしました。

 

2012-05-13 15.11.48.jpg

 

まずは沸騰したお湯にそっと入れ、くずれないように静かに煮ると油が浮いてきます。

そのあと流水で表面の油を落とすようにていねいに洗います。

 

2012-05-13 15.21.57.jpg

 

だし汁に醤油と料理酒を入れたものを用意して、にしんを並べます。

落としぶた(私はキッチンペーパー)をして15分くらい煮たあと、

そのままさましてできあがり。

 

2012-05-13 16.23.52.jpg

 

フタ付きの器に入れて冷蔵庫で保存します。

私は本でも紹介されていた「ステンレス深型組バット」に入れてラップとフタをしてます。

 

これで数日間、栄養のあるおかずが冷蔵庫に準備できました(^^)v

 

  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です