MR混合・風しん予防接種を実費でしてきました。

A1180 006737 m

 

巣鴨クリニックで「MR混合ワクチン」の予防接種をしてきました。

「風疹(三日はしか)」と「麻しん(はしか)」の両方の免疫が1回で付く予防接種です。

 

私の場合は助成の対象ではないため、全額実費で7350円でした。

医療機関によって値段が異なりますが、プラスマイナス2000円くらいだと思います。

すぐにできたわけではなく、ワクチンを取り寄せてもらうのに2週間程度まちました。

 

風しんは飛沫感染(ひまつかんせん)するため、せきやくしゃみでうつる可能性があります。

私は、電車など、クーラーで寒い所に入った時にくしゃみが出ることがあるので、

自分から他の人にうつしてしまう可能性をなくすためにも予防接種をしてきました。

 

この予防接種は、インフルエンザのように毎年やらなくてはいけないものではなく、

一度やっておけば、かなりの期間やる必要がないので、多くの人がやっておくといいと思います。

昔は一生OKと言われていましたが、だんだん弱まるので効果は10年程度のようです。

 

今年は風しんが流行しています。

そのため、ワクチンが足りない可能性があるというニュースがしばらく続いていましたが、

今日の厚生労働省の発表で、ワクチンが不足する可能性は少なくなったようなのでひと安心です。

 

ニュースなどでは、風しんについては女性のことばかり取り上げていますが、

2013年に実際に風しんにかかっているのは、ほとんど男性です。

 

私が含まれる35歳〜39歳の男性が最も多いので、男性も予防接種をしたほうがいいと思います。

特に、子供を希望している方は、自分からうつしてしまうことのないようにしましょう。

 

東京都感染症情報センター » 風しんの発生状況(東京都 2013年)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です