[映画]カラスの親指

ツタヤディスカスでレンタルした映画「カラスの親指」を見ました。

 

阿部寛さん(タケ)と村上ジョージさん(テツ)のサギ師コンビが違和感なくていい感じ。

 

なぜか流れで子供3人と一緒に5人で同じ家に住むようになって、全員で大勝負に出る。

バレそうでバレないハラハラドキドキな感じがいいですね〜。

 

ラストはうまくいきすぎてる感じでおしまい〜。

と思ったら、エピローグの長いネタバレが始まります(^_^;)

あぁ、そうだったのか。の連続でおもしろかったです。

 

「カラス=プロのサギ師」

最後まで見ると「親指」が何だったのかよくわかります。なるほどね〜。

 

この映画はなんといっても、能年玲奈さん(のうねんれな)がかわいすぎる。

1回も見たことがない「あまちゃん」のヒロインをやっている人らしいです。

 

そして、村上ジョージさんがいい仕事しすぎ。

バラエティだと常にすべってるイメージなのに今回はすごい。

 

全体的にはたんたんと話が進んでいくので映画っぽさは少なめ。

映画の迫力はほとんどないので、ドラマ的な邦画が好きならおすすめです。

見終わったらすごい時間たってました。あとでみたら本編160分もありました。

 

そういえば、このブルーレイは他の映画の予告などは入ってませんでした。

最初に予告を見ると、本編の前にだいぶ時間がかかるので、今回はそれでよかったかな。

時間がある時は予告があったほうがうれしい。この映画も他の作品の予告で知ったので。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です