[映画]伏 鉄砲娘の捕物帳

伏 鉄砲娘の捕物帳 DVD限定版

 

DVDでアニメ映画「伏 鉄砲娘の捕物帳」を見ました。

 

兄のいる江戸に出てきた猟師の少女「はまじ」(鉄砲娘)が、

人と犬の血を引く伏(ふせ)たちを含め、まわりの人たちとどう「つながっていく」のか。

 

伏が人の生珠(いきだま)を喰らうということで「伏せ狩り」が幕府から出された。

これを背景に、「はまじ」と一番つながっていく伏「しの」との関係が話の中心。

ストーリーがまっすぐでわかりやすく、兄などまわりの人の小ネタもいい感じ。

 

「はまじ」は、最初は「メイちゃん」かと思ったら、「さつき」の雰囲気になって、

最後は「おおかみこどものお母さん」かと思うくらい大人になったと思いました。

原作も監督も違うけど、そんな感じでいいアニメ映画でした。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です