[映画]風立ちぬ

スタジオジブリの映画「風立ちぬ」を映画館で見てきました。

 

私としては「まぁまぁよかった」です。

一緒に行った人は「いまいち」だったようなので、個人差がかなりあると思います。

 

この映画は「戦争」「大震災」「夢」「恋」という小さい子供には向かないものばかり。

「となりのトトロ」や「崖の上のポニョ」が好きな子供は、意味不明でつまらないでしょう。

たばこのシーンはホントに多かったので、そういうことからも子供向けとしては微妙かも。

 

飛行機のプロペラ音などが人間の声(ボイパ)なので、じっくり聴くとそれっぽくて面白い。

そうはいっても、どれがそうでどれが違うかよくわからないものも多かったです。

 

飛行機から出る生きているような動きのあるケムリ。

汽車のケムリ、たばこのケムリ、ケムリでもそれぞれ違った描写になっているのがいい。

木々や水の描写、髪の毛がフワッと上がって下がるところなど、ジブリらしさがよかったです。

 

今回も有名な人たちが声をやっています。

私はどの作品も「この話はこの声でしか見ていない」ので「違う」と思ったことはありません。

あるキャラクターが「棒読みだ」と言われても、「そういうキャラ」としか思っていません。

 

私はスタジオジブリが大好きなので、

「今まで見たことがないジブリ作品を見た」というだけで、ある程度のプラス評価になります。

 

私が見たスクリーンは、聴覚障害者向けの日本語字幕が付いていました。

名前や聞き取りづらい声が文字でわかるのがいいと思いました。

ドイツ語をそのまま出されてもまったくわかりませんが(笑)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です