[映画]コクリコ坂から

スタジオジブリの映画「コクリコ坂から」を見ました。

 

監督は、宮崎駿さんではなく、宮崎吾朗さんです。

ゲド戦記は意味がよくわからなくていまいちでしたが、これはよかったです。

 

ファンタジーではなく、三丁目の夕日くらいの時代の高校生たちを中心とした話です。

だいぶ話は違いますが、ちょっと昔の時代の「耳をすませば」のような感じ。

トトロみたいなものを期待するとだいぶ違っていて、子供向けではないです。

 

ストーリーの中心は、高校の文化部部室棟「カルチェラタン」の取り壊しについて。

それに、主人公の海(うみ=メル)と、風間俊くんとの関係がどうで、どうなるのか。

テンポよくストーリーが進んでいくので、なかなかいいです。

 

海と同じコクリコ荘に住んでいるヒロさんが、食べるの大好き天然メガネっ娘のいいキャラでした。

登場回数はそんなにはないですが、この映画を見るなら要チェックです。

ちなみに、このヒロさんの声優の柊瑠美さんは、「千と千尋の神隠し」の千尋の声優でもあります。

 

Wikipediaを見たところ、原作とかなり違う話になっているようなので、

原作だけの人がいたら、こちらも見てみる価値はあると思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です