Androidの開発環境が壊れたので入れなおした

今日は昨日の続きでGPSロガーのアプリを作ろうと思っていました。

 

Eclipseを起動して新規Androidプロジェクトを作ろうとしたら、

ビルドターゲットが空なので選択できないので作れない。

 

え?どういうこと?

 

設定を確認したら「SDKロケーション」がエラーになって何もない。

 

ネットで調べたら、SDKのアップデートでおかしくなることがあるらしい。

そういえば、昨日GPSを使おうと、ついでにいろいろ更新したなぁ。

 

Eclipseを「-clean」オプションを付けるようなページを見つけたので、

ついやってしまったのが失敗でした。

Macなのでターミナルで実行したら、ターミナルでエラーでまくって止まった。

それで泥沼にはまったようで、いろいろエラーになってダメになってしまいました。

 

結局、EclipseとPleiadesを入れなおして、再設定したら復活しました。

せっかくなので「Eclipse 3.7 Indigo」から「Eclipse 4.2 Juno」に変更しました。

 

MacはEclipse+Pleiadesのオールインワン版はないので(Winのみ)、

Eclipseは別にダウンロードしてアプリケーションフォルダに入れたあと、

オールインワン版の64bitのJREなしをダウンロード&解凍して、

「plugins」「features」「dropins」の各フォルダの中身をそれぞれ、

Eclipseの同名フォルダの中に上書きコピーしました。

(Winと違ってフォルダを直接上書きすると一度からっぽになるらしい)

 

詳しくは以下のページを参考にさせて頂きました。

 

MacでPleiades All in One Eclipse

 

参考ページの通り「UTF-8」にしたら、文字化けしたので設定は消しました。

それまでは設定してなかったので別の文字コードだったんだと思います。

 

また、なぜか一部のソースのスペースの部分で無効なエスケープ文字だという

エラーが出ていましたが、そこを消して普通のスペースに変えたら消えました。

タブコードか何かが入っていたのかなぁと思います。

IndigoでOKだけど、Junoでエラーになったのかもしれません。

 

なにはともあれ、開発環境が復活してよかった。

これで明日からまたAndroidの開発ができます(^_^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です