[巣鴨]函館塩麺屋「和」(なごみ)がオープンしたので「特塩麺」を食べました。

CIMG0385

 

2015年2月23日(月)に巣鴨駅の北側に函館塩麺屋「和」(なごみ)がオープンしました。

2015年1月14日で閉店となった中華料理「留仙」の跡地です。

 

お店に入ってすぐ右に券売機があるので食券を買って渡します。

店内は、カウンターではなく、4人テーブルが4つなので、ラーメン屋というより中華料理屋さんみたい。

真っ白な壁に何も貼っていないので、すっきりしすぎで変な感じがしました。

 

CIMG0394

 

  特塩麺(850円:チャーシュー2枚、メンマ、なると、お麩、のり、味玉、鶏団子2個、ホタテ)

 

CIMG0395

 

細麺は、浅草「開花楼」特製だと店内に木の札がありました。

スープは薄味でかなりすっきり。魚のほかに、鶏ガラとげんこつを使っているそうです。

 

チャーシューは昔ながらのちょい固めなタイプ、たくさんあるメンマはほどよく柔らかくておいしいです。

あっさりな麺とスープなので海苔がよくあいます。もっと欲しいくらい。

 

鶏団子は、食べるとしょうがの風味が来るけど、全体的に味がうすめ。

味玉も味があまりしみていないのか、ゆで卵かと思ってしまいました。

お麩は小さいのでスープに溶けてすぐなくなっちゃいました。

 

しっかりしたホタテが入っているので、食べ応えもあり、風味もしっかりしておいしい。

 

テーブルには、お水とコップ、おろしニンニク、白こしょう、一味唐辛子、お酢。

箱ティッシュと爪楊枝もありました。 

 

 

和のメインのメニューは「塩麺」と「味噌麺」です。

 

券売機には「塩つけ麺」「 味噌つけ麺」「冷やし中華」もありました。

また、「塩麺」の派生として「海老雲呑塩麺」や「タンメン」もありました。

「海老雲呑塩麺」以外はどれも売り切れだったので、今後の予定なのかもしれません。

 

巣鴨らしく「4の日サービス塩麺」というものが「400円」であったので、

通常600円の塩麺が4の日は400円で食べられるのでしょう。

 

【営業時間 】

 月〜金:11:00〜15:00、17:00〜21:00

 土・祝:11:00〜17:00

 日曜日:定休日

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です