[巣鴨]JR山手線の巣鴨駅でホームドアの使用が開始されました

2013 06 29 14 35 56

 

2013年6月29日からJR山手線の巣鴨駅でホームドアの使用が開始されました。

 

2013年5月14日から設置が始まってから、約1ヶ月半での使用開始です。

しばらくは枠だけあってドアがなく、逆に危ないようで、混雑時は駅員がたくさんいました。

 

ホームドアが稼働したことで、酔っ払ったり等で落下することがほとんどなくなると思います。

電車が動いている時はドアが閉まっているので、接触事故の防止にもなりますね。

落としものをして転がっていっても、壁の所なら当たって止まってくれるのもいいですね。

 

JR東日本は、2013年度に山手線7駅のホームドアの設置に約40億円をかけています。

ホームドア設置の要望が多く、効果もあるので設置は進んでいますが、けっこうな金額ですね。

 

2013 07 01 18 05 24

 

ホームドアの壁の部分には、他の駅までの所要時間の案内があります。

電車の方向が三角矢印になっているため、反対の電車でないかもすぐわかります。

所要時間の数字が書いていない駅は、反対の電車に乗ったほうが速いということもわかります。

 

とてもいい案内板なのですが、ところどころにしかないため、場所によっては見えません。

どこで電車を待っていても見えるように、もっとたくさんあるといいと思いました。

 

2013 06 29 14 39 29

 

都営三田線の巣鴨駅のホームドアはかなり前から稼働しています。

同じタイプですが、山手線のホームドアは透明ガラスがあるので地上の山手線にあってますね。

 

地下鉄の他の駅などには、天井まで壁におおわれているタイプのホームドアもあります。

コストがすごい高いようですが、転落防止効果が高く、空調の効率もいいようです。

 

やっと、巣鴨駅にホームドアができたので、事故防止効果などに期待したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です